読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胃がいくつあっても足りない

疲れている。


最近あまり仕事がうまくいっていない。

いや、細かく言えば、会社がうまくいっていない。


私の勤め先は、社員が3人しかいない。

あと社長が1人。

60を超えたおじぃさん。おじさんとおじいさんの境目くらいだ。だからおじぃさん。

入社当時は居心地が良かった。この人数だからか、昼ご飯は社長が作り、みんなで食べていた。アットホームを通り越して家族のようだった。

だが、ちょっとずつ、ちょっとずつ、おや?と首をかしげる回数が増えてきた。


会話が、通じない…?


社長が出した指示を、社長が覚えてない…?


社長、メール見てます…?


社長、このデータ、送らされるの3回目ですよ…?いや、送りますけど


社長、コーヒー淹れろって言うから淹れましたけど…その手に持ってるコップは…?(社長、自分で淹れてた)


社長、今日会議ですけど…?え、書類、どこにやったんですか…?(社長、このあとキンコーズまで走った)


社長、一つの会議の中で何回意見変えるんですか…?(無論、自分が意見を変えたことなど覚えていない)


社長、なんで怒ってるんですか…?


社長、これはあなたが出した指示ですよ…?




胃がキリキリする。

社長は会議のたびに知ったかぶりをし、あてずっぽうな発言をし、他社の人を混乱させる。

それを見て私はまた胃を痛める。

結果、仕事が減った。

私のではなく、会社の。


会社の中がピリピリしている、と言うよりは、社長が1人でピリピリしている。

なんでもないことでもイライラしながら話す。


私は社長が怒り出すと、どれだけ理不尽でもビビって声が出なくなる。

大学の頃は全くこんなことはなかった。

相手が間違ってると思ったら声をあげて指摘していた。

「いや〜社会に出て弱くなったなぁ」と思っていたが、最近気がついたことがある。

どうやら、怒られていることにビビっているのではなく、言葉が通じない相手に対してビビっているようなのだ。


私は幼い頃から、道端や電車の中で独り言を言うタイプの方によく絡まれる。

そのタイプの方を相手にすると、自分が正論だろうが間違っていようが、関係ないのだ。

向こうは向こうの(非常にオリジナルな)尺度を持って挑んでくるため、そこに常識など全く意味をなさないのだ。

社長に怒られている時の恐怖は、そのタイプの方に絡まれる恐怖にとてもよく似ている。


別に社長の頭がどうのとか、全く言う気は無い。

ただ私はそんな恐怖を感じながら今日も理不尽に怒られる。


この人生で、腹痛で電車を降りたことなどなかったが、今月もう2回も謎の腹痛に襲われて途中下車した。

なるほど、私がこの会社を辞める日も近い。