読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子はめんどくさくて最高にかわいい

音楽

女ってめんどくせーーーーーーーー。

変なとこばっかり気にしてうじうじうじうじ…。

勝手に拗ねるし。

花占いとかすごい。めんどくささの権化。

すき、きらい、すき、きらい、っても~~~~花に聞かないで自分で決めんしゃい!!

 

そんなめんどくささを完璧に表現している曲がある。

 

藤原さくら 「かわいい」である。

 

www.youtube.com

 

 

軽快なウッドベースとピアノで、ちょっとジャジーな感じだ。

と言っても、ウッドベースがどんな音か知らんし、ジャジーの意味も知らん。

雰囲気で言ってみただけだ。

「スリー、フォー」と気の抜けた声で始まる。

pvの女の子の顔も気が抜けている。

おそらくこの子が藤原さくらだろう。

石原さとみとタヌキを1:9で足したような顔の女の子だ。

 

 

はじまりの歌詞はこうだ。

あなたから「かわいい」って言ってほしかったの
それだけなの
話の流れでも何でもいいから
触れてほしいの

この歌詞とpvから察するに、主役は高校生女子。

歌詞に出てくる「あなた」は友達、もしくは先輩だと見た。

仲は良い。だいぶ。でもまだ「友達」という距離から踏み込めないでいるようだ。

少し低めの、力の抜けている声。

 

気付いてほしくないのに やっぱり
気付いてよって思ってるの
あなたの優しいとこが好きなのに
一番嫌いよ

この時点でちょっとめんどくさい。

どっちやねん!!!!と突っ込みたくなる。

ねぇ好きなの?嫌いなの?はっきりせんかい!!

 

きっとばれたら終わっちゃうでしょ?わかってたから
何も言わずに笑ってたの

ははぁ~~~~~

めっちゃ好きである。

めっちゃ好きだけど、この「友達」関係を壊せないのだ。

ははぁ~~~~~

もどかしい気持ちを抱えたままサビに入る。

 

 そばにいるだけで もう十分だ 何もいらないや
君がいるだけで なんでも大丈夫だと思っているんだ

毎日毎日「友達」として会話をする。 そこに溢れ出んばかりの好意を秘めたまま。

個人的には「そばにいるだけで」の「で」で掠れた裏声を使うのがイイ。

pvでは体育館のような場所で藤原さくらが歌っている。

後ろには、体育座りで背中を向けた男性の馬鹿でかいパネル。

この大きさと同じくらい、「あなた」のことで心がいっぱいなのだろうか。

しかし「あなた」は背を向けている。

振り向いてもくれない。

そんな「あなた」の背中に向けて、一生懸命ラブソングを歌っているのだ。

 

あなたにとってはなんだってないことでしょ?
全部わかってるの
くだらないって笑ってもいいから
ただ隣にいさせてよ

きっとここから何も変わりはしないから
何も言わずに笑ってたの

もどかしさが音を立てて加速している…!

自分がこんなにも好きなのに、全然気づいてもらえない…。

でもそれでもいいと言うのだ。隣にいるだけで。

諦めている。もう、何も言わずに笑うしかない。

 

そばにいるだけで もう十分だ 何もいらないや
君がいるだけで 明日を待っていたい
こんなに愛おしい
手が触れるだけで もう十分だ 何もいらないや
君といるだけで なんでも大丈夫だと思っているんだ

も~~~~~~

めっちゃ好きやん~~~~~~~

手が触れたことなんて、相手は意識してないし覚えてもないだろう。

でもいいのだ。それで十分。

それだけで生きていけるのだ。

 

しかし、

このあとのCメロで事態は急変する。

 

 

 

 

ほんとは全部ウソなんだけどね

えっっっ

ウソなの??!?!

なんなんだよ!!さっきまでの健気さはいずこ??!!

 

私もっとわがままよ
抱きしめて欲しいってあたし…バカみたいね

くぅ~~~~~~

これが本性である。

さっきまで言っていた「そばにいるだけで もう十分だ 何もいらないや」は真っ赤なウソ。でもこれは必要なウソ。

こう言うしかない。こう言って納得するしかなかったのだ。

しかしながらここで思いが少しこぼれ出る。

本当はそばにいるだけじゃ全然足りない。抱きしめて欲しい。

そしてそんな自分を「バカみたい」と苦笑するのだ。

くぅ~~~~~~~~~~~やっぱり健気~~~~!!

私はここらへんで大体泣く。電車の中だろうと、仕事中だろうと。

 

そばにいるだけで もうさんざんだ なにも言えないや
君がいるだけで明日を待っていたい こんなに愛おしい
手が触れるだけで もうさんざんだ 息もできないや
君といるだけで なんでも大丈夫だと思っているんだ

人を好きになった時に「さんざん」と表現することは少ないんじゃないかと思う。

でも、ぴったりだ。

もう「さんざん」なのだ。

好きで好きで、でもどうすることもできなくて、参ってしまった時に、「さんざん」だと思うのだ。

 

この時の「こんなに愛おしい」の息の漏れ方。「こんなに」。

すごく良い。

好きな気持ちが息の量になって喉のキャパシティを超える感じ。

何言ってるかわからないと思うけど、そんな感じなのだ。

 

最後に黒い幕が閉じて終わる。

さっきまでの体育館はこの子の心の中なのでは、と思う。

黒い幕を閉じて、なにもなかったように笑って終わるのだ。

 

も~~~~~~めんどくさいけど最高にかわいい。

一途で健気で、でも全部ひっくるめてめんどくさくてかわいい。